買取シェアNo.1のバイク王

 

バイクを売る時に揃えておきたい書類

バイクを売ることが決まったら、
必要な書類を用意しておくと取引がスムースに進みます。

必要な書類は、バイクの排気量によって違うものがあります。

バイクを購入した時に受け取っているはずですので
見当たらない場合には探しておきましょう。

書類をなくしてしまった場合でも
バイクを売ることはできますので
買取業者に書類を無くしてしまったことを伝えましょう。

 

標識交付証明書(125cc以下)


標識交付証明書は自動車検査証などと同様にナンバープレートと一対となる書類です。ですが、税務上の書類なので、道路運送車両法などの国の法律では、バイクに備え付けることを義務付けられていません。
標識交付証明書の様式や扱いは、市区町村ごとの条例で定められていて、必ずしも同じものではありません。
市区町村によっては、バイクに乗る際には携帯しなければならない旨が証明書に記載されている場合もあります。
自治体によっては標識交付証明書を発行しないで、代わりに申請の際に記入する「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」に受付印を捺印した書類が返却されてくる場合もあります。

 

軽自動車届出済証(250cc以下)


軽自動車届出済証は、検査対象外軽自動車の道路運送車両法施行規則第63条の2に基づく届出もしくは同条4に基づく記入申請手続完了後に、運輸監理部長または運輸支局長より使用者に対して交付される書面のことです。

自動車でいう「自動車検査証」、原動機付自転車でいう「標識交付証明書」に相当します。

 

車検証(250cc以上)


車検証とは、自動車が保安基準に適合していることを証明する書類のこと。車検対象車に交付され、その車に関する情報が記載されています。

 

 

 


買取シェアNo.1のバイク王

 

 

 

 

 

 

 

初めまして!広告代理店で働いているのデザイナーです!
若い頃にはバイクが大好きで、毎日のように乗ってましたが、最近は仕事が忙しくて、残念ながらまったく乗ってません(T_T)

 

 

 







 

 

© 2018 バイク買取 広島県 rss